• AYUMI FUJISHIRO

日本酒関連|Japan House Londonで開催された国税庁の委託事業にてインタビュアーを務めました

Updated: Apr 3



イギリス・ロンドンにおける日本文化の総合発信拠点であるJapan House London(ジャパン・ハウス ロンドン)で開催された【Japanese Sake Breweries: Virtual Visits to Japan & Sampling Session 日本のお酒体験:酒蔵ツーリズムを楽しもう】にてSession Moderator(インタビュアー)を務めました。




全3日間のうち、前半の2日間に宮城県の佐浦社及び、長野県の髙橋助作酒造店社のセッションを担当いたしました。



本企画は、国税庁が「英国・ロンドンにおける日本酒プロモーション事業」の実施に係る運営業務の委託を調達したものであり、アフターコロナにおいて、海外の消費者が日本に旅行した際に酒蔵訪問を旅行先の一つとして加えてもらうための「酒蔵ツーリズム」の紹介を、「日本の四季」に関連させつつ紹介するプロモーションを行うことを目的としています。


国税庁では、「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略」に基づき、日本産酒類の一層の輸出拡大を図るため、海外における日本産酒類の認知度向上及び販路の拡大に向けて取り組んでおり、また、酒蔵ツーリズム推進事業を実施し、同事業を通じて日本産酒類の魅力を体感してもらうとともに、購入促進を図り、地域活性化等のインバウンド効果や海外需要の拡大(輸出促進)につながるよう、取り組んでいるとのことです。


日本政府においても重要視されている日本産酒類のひとつ、日本酒がより世界で愛される飲み物になるよう、私も引き続き尽力して参ります。


 

日本酒の海外輸出・外国人向けのセミナーに関するご相談はCONTACTよりご連絡ください。


20 views0 comments